「いつでも・どこでも・だれでも」ピラティスを通しヘルシーな生活を提案
『 Anytime, Anywhere, Anybody 』We suggest a healthy life through Pilates

使い方・サポート

ピラティス・エクササイズを安全に行うために
01
こんなときはエクササイズを避けましょう

ピラティスは安全とはいえ、病歴があったり、医師や専門家で既住症の治療を受けている人は、注意が必要です。
以下のケースに当てはまる場合は、ピラティスメディアのエクササイズを始める前に、必ず医師や専門家に相談してください。

  • 急性、亜急性、慢性の疾患がある
  • 妊娠12週以内である
  • 高齢者で、とくに視力の衰え、バランス感の衰え、痴呆症、関節痛、筋肉痛を持っている、また普段はまったく運動をしない
  • 医師から処方された薬や、処方箋のいらない薬(痛み止めを含む)を長期間服用している

以下の症状がある時も、エクササイズを避けて下さい。

  • 発熱、咳、吐き気、下痢、ふらふら感、めまい、激しい頭痛、動悸、激しい間接痛や筋肉痛

以下のような時も、エクササイズを避けましょう。

  • 食事後2時間以内、飲酒中、酩酊中、抗うつ剤を使用しているとき
02
エクササイズの場所と空間

マットピラティスは、横になれて手足を伸ばせるだけのスペースがあれば、どこでもできるのが魅力です。
ただし、エクササイズ中には家具や置物にぶつけたり、バランスを崩して倒れたときにケガをしないように、 充分な広さのスペースをとってください。

03
エクササイズ・ウェア

とくに規定はありません。Tシャツにショートパンツでも、スポーツウェアでも、レオタードでも、水着でもかまいません。 ただしできるだけ汗をすいやすいもの、動きを妨げないもの、手軽に選択できるものをお勧めします。
肌に触れるものですから、清潔に保ちましょう。

04
ギア(道具)、アイテム

専用のマットで行うと、滑りづらいので安全ですし、汗の吸水性も良いので清潔感が保てます。とくに、 フロアボードなど、堅い床で行うときは、必須のアイテムです。ウェア同様に、簡単に洗えるものを選びましょう。

また、タオルを1〜2本用意すると良いでしょう。汗を拭うだけでなく、頭や腰、膝の下に敷いて、衝撃を和らげたり、体のポジションを矯正するのに使えます。

05
安全に行うための注意点

エクササイズ中に、体の一部が伸びる感じがしたり、普段使わない筋肉がうっすらと痛むのは、体を使っている確かな証拠ですから、 心配はいりません。刺されるような激しい痛み、裂けるような痛み、電気ショックのような痛み等を感じたら、危険信号です。 速やかにエクササイズを中止して、休んで下さい。めまいや吐き気、頭痛、視野の変化なども同様です。

痛みが続く場合には、すぐに医師や資格を持った専門家の診察を受けて下さい。
自分勝手な「診断」や手当は危険です。

06
エクササイズの後に

運動の後は、シャワーを浴びるなどして、体を清潔に保ちましょう。エクササイズの後に、軽い倦怠感がしたり、筋肉が軽く痛んだりしても、心配はいりません。 普段使わない筋肉をエクササイズしたときには、トイレでしゃがめないぐらいの筋肉痛がでますが、これも正常です。 これは遅発性筋肉痛(DOMS = Delayed Onset Muscle Soreness)と呼ばれています。これはエクササイズの最後に軽いストレッチを行うことで予防できます。 筋肉がエクササイズに慣れてくると、この痛みはでにくくなります。

繰り返しますが、理由のわからない痛みが続く場合は、迷わずに診療を受けて下さい。
とくに気をつけてほしいポイントを以下にまとめます。

 

  • 痛みのある時にはエクササイズしない
  • 痛みのが始まったら、易しいエクササイズにステップダウンする
  • それでも痛みが続くときは、即時エクササイズを中止する
  • 体の言い分に耳を傾ける
  • 決して無理はしない
  • 足を床から持ち上げる際には、腰を必ずインプリントに置く
動画再生サポート
01
動画がスムーズに視聴できるかどうか、こちらのサンプル動画をご覧ください!

Sample Movie

ピラティスメディア サンプルビデオNo.1

Pilatesmedia Sample video No.1

Time : 5min 31sec

再生 ▶

ピラティスメディア サンプルビデオNo.2

Pilatesmedia Sample video No.2

Time : 5min 31sec

再生 ▶

一時的にサンプルをご覧になれない場合、回線が混み合っていることが考えられます。
時間帯をずらして、再度お試しください。
慢性的に解決しない場合、通信回線のスピード不足、CPU・メモリなど、物理的なマシンパワー不足、
セキュリティソフト等が原因となっている場合も考えられます。

02
動画やWebサイトを見る上での推奨環境は、以下の通りです。
  • ■推奨環境
  • ・Windows : Windows XP / Windows Vista / Windows 7
       ブラウザ:Internet Explorer 6 以降
  •    ※ブラウザについては、FireFox,Chrome,Opera でもご覧になれますが、動画の再生には、
       Windows Media Player プラグインをインストールする必要がある場合がございます。
       (参考)各ブラウザのプラグインに関するサイト
         ・Firefox (mozilla JAPAN) Firefox ヘルプ - Windows Media Player プラグイン利用ガイド
         ・Chrome (Google) Chrome ヘルプ - Chromeでプラグインを追加、削除、管理する
         ・Opera (Opera Software) Opera ヘルプ - プラグイン

     

  • ■Macintosh:macOS での視聴について
  •    Macintosh(macOS)では、QuickTime に Windows Media のプラグインを使用することで、
       Windows Media 形式の動画を再生できる場合があります。(ただし、ご利用環境により再生できない可能性があります)
       詳細については、下記のサイトを参照ください。
         MicrosoftサポートWindows Media Player

       ※iphone、ipadでは会員有料コンテンツ動画の再生はできません。

     

  • ※上記以外のAndroid端末などでは再生できませんのでご了承ください。【2016年4月1日現在】
  •  

  • ADSL以上の高速ブロードバンド回線。
  • 光接続推奨。

     

Pilatesmediaの動画をご視聴いただくためには、ある程度の回線品質及び、ご使用の端末品質が必要となります。
サンプル動画が問題無くご視聴できていても、回線状況・端末品質によっては常時正常にご利用できない場合もありますことを、ご了承ください。


PageTop